Search


Google Custom Search

Donate






Who's online

There are currently 0 Mapmakers and 666 guests online.

Japanese

The Web of Life - グリーンマップ・システムの物語 by Wendy Brawer, Midori Press, Japan, 2014 ()

2011.12.10 Green Map Report for Odawara, Kanagawa prefecture

直前のアナウンスになってしまいましたが、神奈川県小田原市で、この3月に完成した、『おだわらグリーンマップ』とその後の展開につながる講演会が、明日、開催される運びとなりました。人数も小規模なもので、初の試みで、どんな感じになるかわかりませんか、少しでも関心をもってくれる方々の輪が広がるといいなと思っています☆2010年グリーンマップハーモニーも配布します!詳しくはこread more »

Green Map Exhibition & Workshop at Eco Life Plaza in Kitakyushu

北九州エコライフプラザにて、グリーンマップ展を開催しています。全国からのサステイナブルな商品を集めたエコライフプラザ。今回のグリーンマップワークショップでは、小倉駅周辺のお店を回りながら、『まち・生活・ショッピング』をテーマに、グリーンマップづくりをチャレンジします。『エコ』とか『環境に優しい』ものって良く聞くけどいまいちピンとこないっと感じる人は是非参加してみてください!1人1人のちょっとした毎日の生活への気づきが、世の中を変えていく...read more »

Kids' Green Map @ Nakanoshima in Osaka appeared widely in the Asahi (a major newspaper in Japan).

Kids' Green Map @ Nakanoshima

朝日新聞関西版に「キッズグリーンマップ@大阪・中之島」が大々的に紹介

7月20日(日)の朝日新聞関西版朝刊に、 グリーンマップの紹介記事1Pと「キッズグリーンマップ@大阪・中之島」が、見開き2Pで大々的に掲載されました。

このプロジェクトは、夏休みの宿題は勿論のこと、海外などでは定例化 している地域の大人が世話する子どものためのサマーキャンプのプログラムや夏の特別授業、また学校での年間環境学習などにグリーンマップを役立ててもらおうと、グリーンマップジャパンと朝日新聞広告局が協働で取り組んだものです。read more »

学校内に掲示

2月20日(水)
学校内に地図を掲示することになりました。子どもたちが思いを伝える第一歩となります。ただ、まだ学習は継続中なので、すべてを掲示することができないことと、思いがたくさんあって全てを掲示するだけのスペースがないのが残念です。
島田の問題点と解決策をもとにポスター作りを行いました。解決策の中にエネルギーの使用を減らすというものがありました。不思議なことにガスを使わないようにするというものがありました。read more »

島田の問題点・解決策 (パソコンが壊れて遅くなりました)

2月19日
「校区を調査して、ここは環境がよくないと思ったところはありますか?」という私の問いかけに、子どもたちは「ある!」とどんどん意見をあげてました。しかし、「それでは、どうしたらそこの環境はよくなるのかな?」という問いかけには、なかなかはぎれのいい意見がでません。クラス全体ではなく、班単位で話し合ってもらいました。するとかなりの意見が出ています。リーダーに発表してもらいながら、よくない環境の解決策のところを2色に色分けしながら板書していきました。なぜ、先生は2つに色分けしているんだろう???このことに早く気がついた子どもは、自分の考えた解決策にさっそく線を引き始めました。自分たちでできること、大人の協力が必要なこと、この2つに大きく分けてたのです。気がつかなかった子も班の子がread more »

Tokyo Cycling Green Map wins Modal Shift Prize!

See English below Japanese.

『東京自転車グリーンマップ』が、環境省主催の「ストップ温暖化大作戦」全国大会にて「モーダルシフト賞」を受賞しました!!

全国大会では、全国47都道府県から選ばれた温暖化防止の取り組み(一品)が東京に大集合しました。『東京自転車グリーンマップ』を除くその他のグランプリ受賞プロジェクトは、全て市町村やそれに関連した組織が主導するもので、『東京自転車グリーンマップ』はその中で唯一のNPO主導によるプロジェクトでした。read more »

Syndicate content